川口市の接骨院で緩消法で手足の冷え施術

西村接骨院

048-287-8680

〒334-0005 埼玉県川口市里1827-18

営業時間/12:00~21:00(最終受付20:00まで) 
時間外診療も行います。  
ご希望の方は、予めご連絡下さい。
休診日/不定休    

川口市の接骨院で緩消法で手足の冷え施術

2019/10/28 川口市の接骨院で緩消法で手足の冷え施術

今回は、「緩消法で手足の冷え施術」についてお話しします。

 

川口市にある西村接骨院の西村です。

 

川口市にある西村接骨院では、緩消法(かんしょうほう)の施術に力を入れています。

緩消法とは、機械や道具を使わずに固くなってしまった筋肉を指一本で無緊張状態(ふにゃふにゃ)にし痛みを取り除く施術法です。

緩消法は、腰痛・肩こり・関節痛などの身体の痛み全般である慢性痛やシビレ・冷え・むくみ・重い・だるい・つっぱるなどの血行不良が原因で起こっている症状に対して効果的な施術法です。

 

さて、今回の「緩消法で手足の冷え施術」についてですが、皆さんは「冷え性」でお困り・お悩みではないですか?

10月も下旬になり陽気的にも冬が近づき寒くなってきましたね。

日中は日が出ていれば温かい日もありますが、朝晩は本当に寒くなってきました。寒がりの方はエアコン・こたつ・ストーブなどの暖房器具をお使いの方もいるのではないでしょうか。

 

今回のテーマの「緩消法で手足の冷え施術」ですが、女性の方に多いと思いますが、自分がご自身の身体のどこかに冷えを感じる「冷え性」であるという自覚のある人に向けてお話しします。

人によって冷えを感じる場所は様々だと思いますが、冷えを感じる場所で多いいのは、手首から先の手の甲・手の平・手の指先と足首から先の足の甲・足の平・足の指先だと思います。要するに冷えを感じやすい場所として上半身と下半身の先端の部分(身体の中心から離れている部分)です。

 

手足の冷えを実感している方は「手足の冷え」の原因をご存知ですか?手足の冷えの本当の原因をご存知の方はほとんどいないと思いますので後程ご説明します。

手足の冷えを実感している方は「手足の冷え」を軽減・改善する為に何かやってらっしゃいますか?

テレビや雑誌などで手足の冷え(冷え性)の特集をやっているのをよく見にしますが(特に冬場の寒い時期に)、そこで紹介されているのは、・生姜汁や生姜を使った料理を食べ身体の内から温めましょう。・ぬるめの湯舟に半身浴で長く浸かり血流を良くしましょう。(これに関しては、温泉の効用の冷え性も該当します。)などがあると思います。

確かにどちらも一次的には身体がポカポカして手足の冷えが改善されますが継続はされませんよね?

365日24時間続ければ継続されるでしょうが、そんな事は物理的に無理な話です。

 

今回の本題の「緩消法で手足の冷え施術」に話を戻しますが、手足の冷えの原因についてですが、その原因は一言で言って血行不良(筋肉が固くなり血管を圧迫している状態。)が原因なのです。

ですからご自宅のお風呂でも温泉などでお風呂の湯舟に浸かっている時や浸かった後は筋肉が多少軟らかくなり血行不良が多少良くなっているので身体の手足の冷えが一次的に改善されるのです。

お風呂で温めている時~お風呂上りのある程度の時間は手足の冷えが改善されてもお風呂上りに筋肉が冷えて又固くなれば当然また血行不良を起こすので手足の冷えも戻ります。

手足の冷えを根本的に治すには根本的に筋肉を軟らかく(固い筋肉に戻らない状態。)しなければいけません。根本的に筋肉を軟らかくしてしまえば筋肉が元の固い状態に戻らないので血行不良も起きません。だから、手足の冷えも起きないのです。

 

川口市にある西村接骨院で日々力を入れて行っている緩消法は筋肉をやわらかくする事に特化した施術法ですので、手足の冷えである「冷え性」に対して効果的な施術法です。

手足の冷えでお困り・お悩みの方は川口市にある西村接骨院で緩消法を用いた「緩消法で手足の冷え施術」を体験してみて下さい。

■■□―――――――――――――――――――□■■

西村接骨院

【住所】
〒334-0005
埼玉県川口市里1827-18

【電話番号】
048-287-8680

【営業時間】
9:00~12:00
15:00~20:00
時間外診療も行います。
ご希望の方は、予めご連絡下さい。

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP