川口市の接骨院でお腹のたるみ改善

西村接骨院

048-287-8680

〒334-0005 埼玉県川口市里1827-18

診療時間/9:00~12:00・15:00~20:00
休診日/不定休

川口市の接骨院でお腹のたるみ改善

2019/01/11 川口市の接骨院でお腹のたるみ改善

今回は、「お腹のたるみ改善」についてお話しします。

 

こんにちは、川口市にある西村接骨院の西村です。

 

川口市にある西村接骨院では、緩消法(かんしょうほう)の施術に力を入れています。

緩消法とは機械や道具を使わずに指一本で固くなってしまった筋肉を

無緊張状態(ふにゃふにゃ)にし痛みを取り除く施術法です。

緩消法は、腰痛・肩こり・関節痛などの身体の痛み全般である慢性痛や身体のシビレ・冷え・むくみ・重い・だるい・つっぱるに対して効果的な施術です。

 

さて、今回の「お腹のたるみ改善」についてですが、年末・年始というと、忘年会、クリスマス、お正月、新年会などと飲食をする機会が多いいと思います。お酒を飲まれる方でしたら普段のお酒の量に比べてお酒の量も増えますし、お酒を飲まれない方でも普段よりも食事量が増えてしまっているのではないでしょうか?1年の中で最も1月と2月が飲食の機会が増える為に体重も増えお腹回りもたるんできてしまう事だと思います。

正月太りなどという言葉がありますが、一度身体に付いてしまった脂肪を落とすのは並大抵の事ではありません。

そもそも脂肪が身体に付くという事は簡単に言いますと摂取カロリーと消費カロリーのバランスが悪いからです。極論を言いますと、どんなに飲食をしてカロリーを摂取してもそれ以上にカロリーを消費すれば身体に脂肪が付く事は無いのです。しかし摂取カロリーは少しの食事でも摂取してしまうのに比べ消費カロリーは結構な運動をしないと消費されません。

分かり易い例を挙げますと、小さめのお茶碗にご飯を軽くよそり(1合の約半分)食べる事によって大体350キロカロリーくらい摂取します。ご飯一杯で摂取した350キロカロリーを消費するのには約40分くらいのウォーキングなどの有酸素運動をしないといけません。当然食事の時にはご飯以外にもおかずなど他の物も食べますしご飯の量ももっと食べているはずです。ですので一回の食事で摂取しているカロリーは結構取っているにも関わらず消費はしていないのでカロリーが積み重なり脂肪が身体に付き太っていくのです。

 

ここで今回の「お腹のたるみ改善」に話を戻しますが、脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪と筋肉内に蓄積している脂肪の3種類があります。

一般的には皮下脂肪は女性に多く、内臓脂肪は男性に多いとされています。

川口市にある西村接骨院で力を入れている緩消法は筋肉を柔らかくする事によって脂肪を分解出来る治療法です。

ですので特別な運動や極端な食事制限などをしなくても腰回りの筋肉を柔らかくすれば自然と脂肪が分解されウエストのサイズもダウンします。

年末年始の暴飲暴食が原因でお腹回りのたるみが気になっている方は、川口市にある西村接骨力で力を入れている緩消法を用いた「お腹のたるみ改善」を体験してみて下さい。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

西村接骨院

【住所】
〒334-0005
埼玉県川口市里1827-18

【電話番号】
048-287-8680

【診療時間】
9:00~12:00
15:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP