川口市の接骨院で緩消法で間欠性歩行施術

西村接骨院

048-287-8680

〒334-0005 埼玉県川口市里1827-18

営業時間/9:00~12:00・15:00~20:00
時間外診療も行います。  
ご希望の方は、予めご連絡下さい。
休診日/不定休    

川口市の接骨院で緩消法で間欠性歩行施術

院長ブログ

2019/06/20 川口市の接骨院で緩消法で間欠性歩行施術

今回は、「緩消法で間欠性歩行施術」についてお話しします。

 

こんにちは、川口市にある西村接骨院の西村です。

 

川口市にある西村接骨院では、緩消法(かんしょうほう)の施術に力を入れています。

緩消法とは、機械や道具を使わずに固くなってしまった筋肉を指一本で無緊張状態(ふにゃふにゃ)にし痛みを取り除く施術法です。

緩消法は、腰痛・肩こり・関節痛などの身体の痛み全般である慢性痛やシビレ・冷え・むくみ・重い・だるい・つっぱるなどの血行不良が原因で起こっている症状に対して効果的な施術法です。

 

さて、今回の「緩消法で間欠性歩行施術」についてですが、皆さんは「間欠性歩行」という言葉を聞いた事がありますか?「間欠性歩行」とはどういった歩行かとご存知ですか?

「間欠性歩行」という言葉を聞いた事が無い方や「間欠性歩行」がどういった歩行かが分からない方の為に簡単に「間欠性歩行」についてお話しします。

「間欠性歩行」とは、歩き出しは何とも無いのに歩き続けているうちに腰から下の部分(お尻・太もも・ふくらはぎ・すねの横側・足の甲や足底・足の指先)が痛くなったりシビレたりして歩行が困難になったり歩行が出来なくなり、座って休んだり腰を前に倒して(前かがみになる)休むと不思議と今まであった腰から下の部分(お尻・太もも・ふくらはぎ・すねの横側・足の甲や足底・足の指先)の痛みやシビレが無くなりまた歩け、しばらく歩くとまた腰から下の部分(お尻・太もも・ふくらはぎ・すねの横側・足の甲や足底・足の指先)が痛くなったりシビレたりして歩行が困難になったり歩行が出来なくなる事を繰り返す症状です。

歩き出してから痛みやシビレの症状が出るまでの時間は個人差がありますが早い人では歩き出してものの数分で出る方もいます。

痛みやシビレが出て座って休んだり腰を前に倒して(前かがみになる)の安静時間にも個人差があり症状の酷い方では10分以上も休まないとまた歩けないという方もいます。

 

この様な症状がある方で整形外科などの医療機関を受診した場合は大体MRIを撮影します。「間欠性歩行」の症状がある方は「脊柱管狭窄症」と診断されると思いますが、ここでは「脊柱管狭窄症」について詳しくお話しする事は控えさせて頂きますが、簡単に言いますと脊柱管という管がありその管の中に神経が走っています。脊柱管が狭くなり中の神経を圧迫している状態を「脊柱管狭窄症」といいます。

そもそも神経を圧迫しても痛みやシビレは一切でませんのでご安心下さい。ですから脊柱管が狭くなって中の神経をいくら圧迫しても下半身に痛みやシビレは出ません。「間欠性歩行」の原因は他にあるのです。

 

今回の本題の「緩消法で間欠性歩行施術」に話を戻しますが、「間欠性歩行」の原因は腰の筋肉がただ単に固いだけです。ですから、腰の固い筋肉を軟らかくしてしまえば「間欠性歩行」も無くなり休まずに歩き続ける事が可能です。

 

川口市にある西村接骨院で日々力を入れて行っている緩消法は筋肉を柔らかくする事に特化した施術法ですので、「間欠性歩行」の施術に対して効果的な施術法です。

「間欠性歩行」でお困り・お悩みの方は、川口市にある西村接骨院で緩消法を用いた「緩消法で間欠性歩行施術」を体験してみて下さい。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

西村接骨院

【住所】
〒334-0005
埼玉県川口市里1827-18

【電話番号】
048-287-8680

【営業時間】
9:00~12:00
15:00~20:00
時間外診療も行います。
ご希望の方は、予めご連絡下さい。

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP